水道や蛇口の修理や交換は専門業者が安心

水道や蛇口の修理や交換は専門業者が安心 家庭内の水のトラブルはさまざまな場所で発生し、その原因も多種多様です。異常が発生したら落ち着いて元栓を閉め、被害の拡大を防ぐのが最初に取るべき行動です。次に自力で解決できるかどうかを判断し、不可能だと判断すればできるだけ早く水回り修理の専門業者に連絡して必要な水道 工事をやってもらいます。しかし非常時には慌てふためいてしまい、どこに連絡してよいのか混乱することもあります。正確な工事と良心的な価格を望むのであれば、あらかじめ自宅から近くて評判の良い地方自治体の指定工事店を探しておくことが大切です。

■キッチンやトイレの水道管故障は専門業者に連絡

普通の家庭で起きる水トラブルで特に被害甚大になりやすい場所はキッチンとトイレです。この2か所にある水配管に関しては日ごろからメンテナンスを心がけておくことが重要です。金属や合成樹脂などでできている上下水道管は劣化していきますし、接続部が緩むなどのトラブルも想定されます。とりわけキッチンの下部やトイレの排水機能が集中している水道管本体部分の破損などは素人では対応が難しいケースが多いので、トラブルが発生したら修理の専門業者に依頼するのが確実です。
キッチンの水回りは導水と排水ルートがありますが、ここもトラブルが起きやすい場所です。導水ルートの配管破損や蛇口破損が起きると大量の水が噴き出して部屋中が水浸しになりかねません。素人ができるのは止水栓で水の噴出を止めることだけです。トラブルの発生場所や原因の特定、適切な修理や部品交換作業は各自治体の指定工事店に依頼することが重要です。
トイレの水トラブルは衛生上の問題が大きくなることがあるので専門業者に適切な水道 工事を極力素早くやってもらうことが大切です。素人にできることは水トラブルの予兆をキャッチすることです。排水される水が便器から溢れそうになったり、ごぼごぼといった異音がしたりするのは危険が近づいているサインです。異常を感知したら専門業者に必要十分な対応をしてもらうことが肝要です。

■蛇口キットの故障や交換も水道修理業者にコンタクト
水道 工事は大別すると水道管本体と蛇口キット部分に分かれます。突然水が室内に溢れだしたのに原因となる場所が分からないというケースは管本体や途中の接続部のトラブルが疑われます。素人でもすぐ分かるのは蛇口キットの故障です。管の先端に取り付けられているのが蛇口キットで、そのうち、水を出したり止めたりする役目を負うのが水栓という部品です。水を止めようとしても止まらないとか、出したいのに出ないという蛇口キットのトラブルの原因は、多くが水栓の故障に起因します。自分で修理できるケースもありますが、最近の蛇口キットは高機能化している一方で構造が複雑化しているため、プロの修理業者にコンタクトを取るほうが安全です。
故障の程度によっては蛇口キットの一部を修理するよりも丸ごと交換してしまう方が簡単です。蛇口キットも耐用年数があるのでいずれ交換するしかない時が来ます。古い蛇口キットと最新型の蛇口キットでは利便性などの面で大きな違いがあります。高価であればよいというものではありませんが、自分のライフスタイルを満足させてくれる蛇口キットに交換すれば、キッチンでの水仕事もお風呂タイムも楽しくなります。

■進化し多様化している最近の蛇口キット

水道の先端部に取り付けられている蛇口キットにも進化の歴史があります。昔のタイプは構造も単純でしたが機能も水量の調整ぐらいで、シャワー機能や自動的に水量の強弱をつける機能はありませんでした。水回りの技術革新とデジタル機能の融合で、蛇口キットはさらに進化を続けています。長年使った末に壊れてしまった蛇口キットを交換する際は、どの機種が自分の生活にマッチしているかを考えることが大切です。
最近の蛇口キットのメリットとして衛生面と利便性の2点が挙げられます。画期的なのは水を出したり止めたりする水栓に触れる必要がない機能です。手をかざすだけで水が出たり、足元のレバーを踏むと水が止まるといった製品は人気があります。特にキッチンは雑菌が付着した肉や野菜類に触れながら調理する場所なので、ノータッチで水が使えると蛇口周りが清潔に保たれます。浄水器の機能を最初から組み込んだ蛇口キットもあります。後付けではないのでデザイン的な美しさもあります。しかし便利だからといってどの製品でも取り付けられるわけではありません。自宅に取り付け可能なタイプを選ぶことが前提になります。蛇口キットの取り外し、取り付けは簡単に見えますが、水回りの作業は完璧に仕上げないと後になって水が漏れたり噴出したりするトラブルも想定されます。極力水トラブルの発生を避けたいのであれば、自治体の指定工事店に依頼するのがベストです。

■まとめ
突然キッチンから水が噴き出したり、風呂のお湯が出なくなると慌ててしまいます。病気と同じで、水回り対策は症状が出てしまう前の予防が重要です。水道管は劣化しますし、接続部の緩みなどもあります。いざという時に備えて自宅に近い優良な修理専門業者を把握しておくことが大切です。蛇口は結構複雑な構造になっているので、故障すると修理が大変な場合もあります。最悪の場合は交換することになりますが、その際は利便性を考慮しつつ、価格とのバランスや、そもそも自宅に取り付けられるタイプであるかという確認が重要になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース