水道の修理依頼は連絡と処理のスピードが重要

一般的な家庭の水トラブルは平穏な日常生活を一変させる非常事態ですが、中でもトイレとキッチン周りの水トラブルは深刻です。トイレはプライバシーが守れる自宅でないと安心して使うことができず、キッチン周りは修理が長引くと自宅で調理ができず不便な食生活になります。浴室の水トラブルは近くの銭湯に行くなど応急的な対応が取れますが、トイレとキッチンの水道 工事は原因によっては長引きますので、トラブルが起きたら極力スピーディに専門業者に連絡し、可能な限り短時間で正確な作業をしてもらうことが必要になります。

■トイレの水トラブルは兆候の感知が大切

トイレの水トラブルは大別すると排水パイプに何かが詰まって汚水があふれるケースと水漏れです。誤って非水溶性の物などを便器に落としてしまったような場合は詰まりの原因がはっきりしているので自力で解決できることもあります。一方水漏れは厄介で状況によってはかなりの修理が必要になります。パッキンが劣化して隙間から水が漏れたり、配管自体の老朽化により亀裂ができて水漏れすることが多いですが、場所が特定できないことがあります。ただ、トイレの水トラブルには予兆があるので、これを逃さない敏感さを持っておく必要があります。例えばトイレの水を流すと便器ぎりぎりまで水が溢れかえりそうになる場合は排管が詰まりつつあるサインです。水を流す時にごぼごぼといった耳慣れない異音がするのも危険な兆候です。水漏れの場合は、ぽたぽた落ちているのが見える場合はすぐ分かりますし、トイレの床がびしょ濡れになったりしていると誰でも気がつきます。しかしどこから水が漏れているのかを特定するのは素人では難しい場合もあります。簡単な修理で済むのか、大規模な工事になるのか、トイレ設備の交換が必要なのか、必要に応じた水道 工事レベルを正確に判断できるのは水道修理の専門業者です。水回りのトラブルを自力で解決するのは応急措置と考え、明確な原因を突き止めた上での抜本的な対応は業者に依頼するという二段構えの対策を取るのが賢明です。

■キッチンは上水道ルートと排水ルートの2系統をチェック

キッチンの水トラブルは、水道水のパイプの亀裂で水漏れしているトラブルと、食べかすを屋外に排出する排水ルートが詰まってしまうケースが多いです。キッチン周りは水道管、これにつながるさまざまな水栓、浄水装置、排水管などが組み合わされ、結構複雑です。蛇口の先端から水がぽたぽた漏れている程度なら早期に修理を依頼すれば解決しますが、シンクの下部は日ごろ目にすることがないので要注意です。配管が壊れたりした場合は水が大量に室内や床下に流れ出してしまうこともあるので、自分が住んでいる自治体の水道局指定工事店にできるだけ早く連絡し、正確な水道修理を依頼することが大切です。排水管がトラブルに見舞われると被害甚大となることもあります。排水管は、外部からのネズミなどの浸入を防いだり悪臭逆流防止などの目的で独特のカーブを描いている部品が多く、接続部分もかなりあります。こうした部位が破損したり、詰まったり、接合が緩んだりすると、汚水の逆流や漏れが発生して事後処理が大変になります。個人でできる防止策は食べかすやごみ類を極力排水管に落とし込まないことですが、限界はあります。いざという時に迅速に連絡できるように、あらかじめ業者を選定しておき、連絡先を冷蔵庫のドアなどに張り付けておくと慌てずに済みます。

■まとめ
災害は忘れたころにやってくると言いますが、家庭内の水トラブルも思いがけない時に突然やってきます。定期的なメンテナンスを施すことが一番の防衛策になるので、水道 工事関係のホームページを検索するなどして、自宅から近い場所にある信頼性の高い水道修理の専門業者に定期点検を依頼しておくと安心できます。設備が老朽化してトラブルが発生しても迅速な対応をしてくれるので、長期的視点で考えると賢明な措置といえます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ