蛇口の修理や交換にも水道専門業者は不可欠

力学的に水の流れを止める部分は水栓あるいはバルブと呼びます。水道の先端部分の水漏れトラブルの多くは、この水栓部分が破損したりして水の流れを完全に止めることができなくなったことに起因します。修理で済む場合もありますが、部品そのものが壊れていれば水栓部分の交換になります。状態が悪い場合はキット全体を交換しなければならないケースもあります。どのレベルの修理や部品交換が適切であるかは素人には判断がつかないので、専門業者に依頼して適切なアドバイスを受けることが肝要です。

■交換するならライフスタイルに合った蛇口を選択

水道の先端部分に取り付けられた蛇口は長年使っていたら故障したり交換する時期が来ます。蛇口の構造は結構精密にできていますし、どんどん進化しています。昔は水栓部分が十字型をしており、これを回転させて水を出したり止めたりするタイプしかありませんでしたが、最近はデザインだけでなく機能を格段に向上させた製品が販売されています。修理では解決できない状態になり、蛇口 交換をするしかないのであれば、自分のライフスタイルに合ったタイプの製品を選択し、指定工事店の認証を受けている専門業者を選ぶことが大切です。
一般的な家庭では、最低でもキッチン、浴室、洗面所には水道水を使用するための蛇口が水道管の先端に取り付けられています。とりわけキッチンはよく蛇口を開閉する場所なので、交換する部品を発注する際は、キッチンをよく使う人の身長や使いやすさを考慮して選ぶことが求められます。価格の安さばかり重視していると、使い勝手が悪くて負担がかかることもあるので、慎重な判断が必要です。

■限界が来たシャワー用蛇口キットは速やかに交換

キッチンと並んで水道の蛇口キットが傷みやすい場所はバスルームです。バスルームは他の部屋に比べて湿度が高いうえに密閉度も高い空間なので、ルーム内にある金属系統の部品が錆びたり劣化することは避けられません。特にシャワーホースとつながっているシャワー用蛇口キットは、継ぎ目のパッキンはもちろん蛇口キット自体の劣化などで水漏れ現象が起きてしまう確率が高くなります。パッキン修理や部分的な部品交換で修理できるレベルならよいのですが、状態が限界に来ている状態になっているのであれば速やかに新品に交換するしかありません。
シャワー用の蛇口キットは昔のような単純な構造のタイプは少なくなり、複雑な構造へとシフトしています。もちろん精密に作られてはいるのですが、水漏れ現象を恒久的に完全にシャットアウトできる製品はありません。バスルームは条件が悪い場所なので、いずれは蛇口の修理が必要になったり、最悪の場合蛇口 交換という作業が必要になることもあります。

■まとめ
水道の蛇口から水がぽたぽた漏れるのは気分が悪いものですし、垂れ流し状態を続けるのもよくありません。専門業者に補修作業を依頼して解決することもありますが、最近の蛇口キットは結構複雑な構造になっており、破損したり作動不良になった場合は蛇口キット全体を交換するしかない場合もあります。何度も修理を繰り返すよりも、思い切って新品に交換することが長い目で見れば精神的にも経済的にも正しい選択です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ